通学期間5週間

英語はある程度聞けて何となく話せる、それがAble入学前の私でした。でも新聞が読めない、友人と深く語り合えない、そこに大きな大きな英語の壁を感じていました。でも、Ableを卒業した今、その壁を1枚打破したような感覚があります^^

 どんな時にそれを感じるかと言うと・・・

まずは、ニューヨークへ行った時です。美術館や博物館にある展示物の説明を、いつもなら日本語Ver.のオーディオを聞きながら楽しんでいたのが、オーディオ無し(もしくは英語Ver.)で理解する事ができました。説明の中でAbleで習った単語が出るわ出るわ。。。この1単語を知っているのとそうでないのでは理解度が全く違う!!習った単語が出てきて意味が理解できる度に、1人でガッツポーズ状態でした。

(TOEICで高得点を取れるより嬉しかったりして・・・)

次に、カナダ人の友人と「中国」について話した時です。私の使う単語のformalityが上がった事!!そして友人もその単語を使う使う。今まで日本語でなら話し合えた事も、英語を使うと上手く意見出来ずに何となく敗北感のようなものを感じていたのですが。。。まだまだ対等に話せはしませんが、以前よりももっと具体的に自分を表現できるようになって自信がつきました^^

最後にTOEICで点数が取れた時です。もともと、点数に重点を置いていたわけではなく、もっと英語を理解したいと思って始めた勉強だったのですが、気付けばTOEICの点数も上がっていた、という感じです。

「あやふや」で「何となく」勉強してきた英語を、あやふやのまま使っていた私はAbleで正しい英語、本当に使える・使われている英語を学べて良かったと思っています。英語で伸び悩んでいる人はAbleで学んでみると1歩前進するキッカケを手に入れられると思います。キッカケをもらった私はこれからも美枝子方式で勉強を続けてさらなる壁を打破したいと思います◎

ありがとうございました。