先週末にニューヨークをはじめとするアメリカ東海岸北部を通過した大型ハリケーン「アイリーン」によって、各地では様々な影響がでているようです。ニューヨーク郊外では洪水や床下浸水で復興作業に追われる家庭も多く、交通機関が通常の状態に戻るまでは少々時間がかかる状況のようです。今回のこのハリケーンの影響によって起こりえる被害総額は70億ドル、日本円でなんと約5400億円にも及ぶとの見方もあり、死者や負傷者まででる大惨事になってしまっているようです! 被災地の1日でも早い復興をただただ願うばかりですね。

さて、今回はそのハリケーンから一夜明けたニューヨーク・マンハッタンの地下鉄の運行状況を伝えるこちらの記事から:

All of the subway’s 22 lines, including express and local service, have been restored, according to the Metropolitan Transportation Authority. While the agency said that fewer trains would run than in a regular morning rush, anecdotal reports from commuters suggested that most routes were operating smoothly. Every station in the system is currently being served by trains.

訳:各駅・特急を含む22のすべての路線が通常通り復旧運行されたと、ニューヨーク市交通局によって発表された。当局側かわらは通常よりも少ない運行という発表があった一方で、通勤者の利用状況を伝える声からはその影響は聞かれずほとんどの路線で円滑な運営が行われていたとの事で、市内のすべての駅に電車が行き交っている状況。

記事全文はこちらからどうぞ:http://www.nytimes.com/2011/08/30/nyregion/new-york-subway-running-in-time-for-morning-commute.html?_r=1&hp

〜今日のポイント〜

ポイント:’ ALL ‘ vs ‘ EVERY ‘

●TOEIC頻出 ‘ all ‘ と ‘ every ‘ の確認 ●

今日のポイントは、TOEICのPart 5(文法穴埋め問題)頻出の ‘ all ‘ と ‘ every ‘ です。TOEICのPart 5練習問題などで、よくこの2つの単語を選択肢の中から選ぶような問題を見た事はないでしょうか!? 以外と多くの方がこの2つを選ぶ時に迷ってしまったり、なんとなく感で答えをだすことがあるようですので、これを機に是非しっかりと押さえておきましょう!覚え方は次の通り:

All = 複数形

Every = 単数形

文章の中でのポイントは各単語の後ろに来る名詞が単数/複数どちらになるかです。また、上の文章のように、主語として使われたり、主語になる名詞にくっつく場合は、述語になる動詞に三人称単数現在の-s/-es がついているかどうかですね。上の文章をSとVだけで考えればとても読みやすくなります。

All of the subway’s 22 lines, including express and local service, have been restored.

Every station in the system is currently being served by trains.

” All have… ” と ” Every station is…”  ので分かる通り、’ all ‘ の後には三人称単数現在の-s がつきませんね。また、’ every ‘ の場合はstation も単数形で、動詞も’ is ‘ になっています。

覚えてしまえばとても簡単な文法事項なので、難しく考えずにこの2つの違いをしっかり押さえて下さい!

Able English Studiesでは校長の西浦が自ら考案した独自のアプローチMieko式勉強方法で、今月もたくさんの生徒さんがTOEIC目標点達成しています。現在バンクーバーに滞在中で、TOEICの勉強をとお考えのかたは、是非一度学校にお越し下さい!無料トライアルレッスンも随時受付中です!お問い合わせはこちらからどうぞ

メール:mail@ablees.com
電話:604-681-9961

また、こちらのブログを日本からご覧になっている方には、当校校長西浦の「英文法これで英語がわかる」がおすすめです!お求めは、お近くの書店またはオンラインで!