先日発売されたiPhone 4Sが世界中で好調な売り上げを伸ばす中、iPhoneのライバル的存在とも言えるギャラクシーフォンのSamusungがオーストラリアでこんな事をしていました!!

上の写真はオーストラリアの「The Age」からの写真で、14日の発売日のためにiPhone4Sを購入するために並んでいる人をターゲットにして、アップルストアの目と鼻の先のお店を一時的にサムソンストアとしてギャラクシーを販売していたそうです。

新聞の記事によると、実際にiPhoneのために並んでいるひとにサムソンストアのスタッフと見られる人が売り込みをかけていたことも書かれています。

特許裁判や新商品などで様々なバトルを繰り広げているアップルとサムソンですが、このたたかいはまだまだ始まったばかりといった感じですね。

さて、今回はこの新聞お記事の一文を文型に分けてみたいと思います。文章はこちら:

” The amount of people asking what we are lining up for is absolutely astonishing. ”

記事全文: http://www.theage.com.au/digital-life/mobiles/samsung-ambushes-apples-iphone-4s-launch-in-sydney-20111012-1lk0d.html#ixzz1biIgJxjA

こちらの一文はiPhoneの列の中のある男性がインタビューに答えた際に言った一言で、たくさんの通行人に何のために並んでいるかと聞かれて大変驚いているという感想を述べているものです。

〜今回のポイント〜

文章の動詞を見抜く!

それでは文章を見ていきましょう。英文はどんなに簡単な文章でも、どんなに難しい文章でも絶対に変わる事ない絶対的なルールとして、「文章の中に主語と動詞は1つずつ」というものがありますね。ぱっと見ると動詞がいくつもあるように見える文章でもこのルールは絶対ですので文章の訳をとる時にはどの単語が主語で、どの単語が述語になるのかという事をしっかり押さえるようにしましょう。

−The amount of people asking what we are lining up for is absolutely astonishing

この1つの文章には赤文字の3つの述語になる可能性のある単語が含まれています。ただし、先ほども言ったように文章の中に動詞は必ず1つしかありませんので、どの動詞が述語になるのかを見抜く必要がありますね!

次回は、この文章の動詞の見分け方を文型に分けながらじっくり見ていきたいと思います!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Able English Studiesでは校長の西浦が自ら考案した独自のアプローチMieko式勉強方法で、今月もたくさんの生徒さんがTOEIC目標点達成しています。現在 バンクーバーに滞在中で、TOEICの勉強をとお考えのかたは、是非一度学校にお越し下さい!無料トライアルレッスンも随時受付中です!お問い合わせはこ ちらからどうぞ

メール:mail@ablees.com
電話:604-681-9961

また、こちらのブログを日本からご覧になっている方には、当校校長西浦の「英文法これで英語がわかる」がおすすめです!お求めは、お近くの書店またはオンラインで!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆