ブログでも紹介した、世界中で起きている経済不安や政界に対する不満を主張する占拠運動。今回はその中の記事から次の文章を見ていきます。

Non-Partisan Association mayoral candidate Suzanne Anton, has demanded that the city give the protesters a deadline for removal

Read more: http://www.vancouversun.com/news/Majority+Vancouver+residents+oppose+Occupy+tent+city+poll/5653858/story.html#ixzz1dCFOwbNb

〜今回のポイント〜

要求・命令系のthatのなかは動詞の原形!

Suzanne Anton has demanded that the city give the protersters a deadline.

この文章に見えますがちょっとおかしいことに気づくでしょうか?thatの中身に注目するとなにが抜けているのかが分かりますね。

The city give the protesters a deadline.

主語と述語の関係ですが、The cityは書き換えるとitになりますので、動詞がgiveではちょっとまずいですね!

The city give gives the protesters a deadline.

では、新聞の中の文章は文法的に誤った文章と言う事でしょうか!?新聞社のプロのライターが来んな初歩的なミスをするのでしょうか!?そんな事はないですね。この文章は、これが正しい文章なのです。ではなぜ動詞に三単現の−sがついていないのか。ポイントはthatの前にある「demand」ですね。

この動詞は「要求する」という意味の単語で、この意味の動詞がthat節を後ろにとる場合にthat節のなかにはshouldが隠れているのです。つまりもともとの文章は次の通りになるのです:

Suzanne Anton has demanded that the city (should) give the protesters a deadline.

このような使い方をする動詞はdemandの他に、suggest, insist, recommend, ask, adviseなどがあります。このように、動詞によってthat節の中にshouldが省略されている文章はTOEICでは頻出問題になりますので是非覚えておいて下さいicon_razz.gif

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Able English Studiesでは校長の西浦が自ら考案した独自のアプローチMieko式勉強方法で、今月もたくさんの生徒さんがTOEIC目標点達成しています。現在 バンクーバーに滞在中で、TOEICの勉強をとお考えのかたは、是非一度学校にお越し下さい!無料トライアルレッスンも随時受付中です!お問い合わせはこ ちらからどうぞ

メール:mail@ablees.com
電話:604-681-9961

また、こちらのブログを日本からご覧になっている方には、当校校長西浦の「英文法これで英語がわかる」がおすすめです!お求めは、お近くの書店またはオンラインで!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆