Say you wanted to invite a friend to happy hour. You could send a simple text message, but that would be boring. Instead, why not send a cartoony picture of two clinking beer mugs?

ハッピーアワー(一般的に北米で夕方頃にレストランやバーでドリンクやスナックが割引価格になる時間帯の事)に友達を誘いたいとしましょう。そんなとき、単純にテキストメッセージを送ったりもできるけど、それじゃああまりにも味気ないよね。それより、ビールジョッキが軽くカチッと音を鳴らすようなマンガチックな絵文字を送ってみたらどうだい?

このような軽い感じで始まるこちらの記事は、New York Timesからの記事で、なんと北米ではいま絵文字ブームが迫ってきているとのことなんです!

絵文字と言えば携帯電話のメールなどでおなじみですが、実はこの絵文字は北米では最近まで全く浸透していなかった昨日だったのです。なんでもiPhoneでこの絵文字機能が使われるようになってから、特に若いこの間でこの絵文字が大人気だとか。

日本にいる皆様には今更!?とおもわず突っ込んでしまいたくなるような記事ですが大変興味深いですね!

今回は、こちらの記事に登場するTOEICには書かせないちょっと難しい表現をご紹介します。紹介する文章はこちら:

Outside their native Japan, emoji have been available to in-the-know smartphone owners for some time via add-on applications. But now they may be on the verge of going mainstream in the United States, thanks in part to Apple’s latest update to its iPhone software.

〜今回の頻出表現〜

on the verge of 〜 「今に〜しようとしている」

「verge」とはもともと「端、縁、瀬戸際」という意味で、これが「on the verge of」というセットで1つの表現として使われます。直訳すれば「〜の瀬戸際の上に」という意味になりますので、「今にも何かが始まろうとしている」という意味にぴったり当てはまりますね。

こちらの表現はTOEICではよく出題される表現ですのでぜひしっかりと押さえておきましょう!

最後に上の文章の訳はこちらです:

絵文字発祥の日本以外では、絵文字は一部のスマートフォンユーザーがアプリをインストールする事で利用可能でした。しかし、今それらがアメリカで大流行しようとしているようです。絵文字火付け役の1つには、最近のアップル社のiPhoneソフトウェアーのアップデートのお陰でもあるようです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Able English Studiesでは校長の西浦が自ら考案した独自のアプローチMieko式勉強方法で、今月もたくさんの生徒さんがTOEIC目標点達成しています。現在 バンクーバーに滞在中で、TOEICの勉強をとお考えのかたは、是非一度学校にお越し下さい!無料トライアルレッスンも随時受付中です!お問い合わせはこ ちらからどうぞ

メール:mail@ablees.com
電話:604-681-9961

また、こちらのブログを日本からご覧になっている方には、当校校長西浦の「英文法これで英語がわかる」がおすすめです!お求めは、お近くの書店またはオンラインで!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆