日本時間28日付けのYahoo Japanに紹介されていた産経新聞からの記事で、現在の日本での英語再ブームが起きているという話題を紹介しています。

英語ブーム再び 話したいけど話せない…その訳は?

記事では、小学校での英語必須科や一部企業の英語社内公用語化が現在の英語ブームをひきおこしているとし、一方では英語を勉強している人々が増えているにもかかわらず、実際の日本人の英語レベルはまだまだという指摘をしています。

記事でも紹介されている通り、日本人の持つ「英語コンプレックス」はなかなか根深く日本人の中に存在するようですね〜icon_sad.gif 実際、Ableにくる多くの日本人生徒のかたから「他の国のクラスメートのスピーキング力はすごい。。。」「文法は知ってるけど、全然話せないんです。。。」などといった声が聞かれます。

確かにメキシコ人や他のアジア人に比べると、日本人はすこしだけおとなしいイメージがあるかもしれませんが、文法の知識や英語学習にたいする勤勉さはどこの国の生徒にも負けないはずなのにどうしてこんなにも実用英語に差が出てしまうのでしょうか〜!?

この問題の鍵となるのが、記事でも紹介されているTOEICですicon_exclaim.gif

日本人が英語にコンプレックスを持つ理由を考えた時に、確かに英語の語属や植民地のことなどをあげる事もできますが、やはり一番は日本人の英語の勉強方法にあるのではないでしょうか!?

これは、日本の英語教育が悪いとかそういう事ではなくて、単純にいわゆる高校・大学受験のための英語と日常会話のための英語ではまったくちがったアプローチをしなければいけないという事です。そして、その日常会話英語にもっとも近い英語の内容になっているのがTOEICというわけですね。何を根拠にと思われる方も多いかもしれませんが、ネイティブスピーカーや実際に英語をしっかり話せる人が受験英語とTOEIC英語を比べれば一目瞭然です。これではあまり説得力がないかもしれないので、もう1つ、日本の企業が新入社員に求める英語力の基準として設定しているのが、大学の学部でも、英検でもなくTOEICのスコアということです。

下記のブログでは、企業が求めるTOEICスコア一覧の紹介をしています。

日本企業が求めるTOEICスコア一覧表(2011年1月版)

A Successful Failure より

このように、日本のTOEIC需要は年々増え続けているようで、今後も日本のTOEICブームはまだまだ伸び続けていきそうな感じですicon_razz.gif いままでのただ単語を丸暗記する勉強ではなく、単語と単語の結びつきや、ネイティブが使う英語表現をしっかり学んでいけばいままでの「英語コンプレックス」を必ず払拭する事ができますicon_biggrin.gif

これから英語を勉強したい!というかた、是非TOEICから英語の勉強を始めてみてくださいicon_mrgreen.gif

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

TOEICカリスマ教師の西浦がTOEIC本第2弾を執筆!Jリサーチ社出版にて絶賛発売中!!
TOEIC(R) TEST日本人が必ず間違えるひっかけ問題100選

Able English Studiesでは校長の西浦が自ら考案した独自のアプローチMieko式勉強方法で、今月もたくさんの生徒さんがTOEIC目標点達成しています。現在 バンクーバーに滞在中で、TOEICの勉強をとお考えのかたは、是非一度学校にお越し下さい!無料トライアルレッスンも随時受付中です!お問い合わせはこ ちらからどうぞ

メール:mail@ablees.com
電話:604-681-9961

また、こちらのブログを日本からご覧になっている方には、当校校長西浦の「英文法これで英語がわかる」がおすすめです!お求めは、お近くの書店またはオンラインで!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆