私は大学2年次で1年間休学してカナダへ留学しました。帰国直前の1ヵ月間を、Ableで過ごしました。すでにカナダでの生活は8ヶ月以上経っていましたが、正直自分の英語力が伸びているという実感はあまりなく、焦りを感じていました。

4週間という短い期間で、本当に自分が変われるのかと最初は不安だらけでした。日本を出る直前に1度だけ受けたTOEICのスコアはなんとも悲惨で、約400点ほどだった私は、どうにかこの1ヵ月で700点後半~800点は取れるようになりたいと目標を立てました。本当に毎日の復習を必死にやって、美枝子先生式の方法で英文を読む訓練をしました。たった一つの文を読むのに、今までは考えもしなかったようなことを一つ一つ根本から考えていって、最初の頃はそれだけで1日が終わってしまうぐらい苦手でした。他のことに手が回らなくてとても焦っていたけど、”今根気強く頑張ればあとあと長文を読むのも楽になるよ”と先生に励まされ、とりあえずひたすら慣れようと必死にやりました。そうすると次第に文の構造が見えるようになってきて、問題も理論的に考えられるようになっていきました。そこでなんと2週間後に受けた公式テストで夢だった800点を超える点数をとることができました。ひたすら必死にかけぬけた2週間だったので、最初は驚きだけでしたが、これだけ必死にやった価値はあったんだ、と後から嬉しさがこみ上げてきました。その後の2週間もそれまでと変わらず、うぬぼれないように必死にかけぬけてきました。それでもまだ物足りなさがあって本当はもう少しAbleで基礎を固めていって心から自信が持てるくらいつきつめていきたいというのが正直な気持ちですが、この4週間でまなんだことは本当に自分にとって大きな影響を与えてくれたので、これからは自分自身でここでの学びを深めて自分のモノにしていけるように励んでいきたいとい思います。