日本から短期集中型でAbleに来られる生徒さんが多い今年ですが、今回は1週間のお休みを利用してこられた社会人のケイさんです。初日の授業の彼とのやり取りで「英語を使った職業につかれているのだろう」と直感!なんと 実は彼は、外交官でした。聞けば、外務省もTOEICが必須だそうです。外交官は、赴任先(任地)が決まればその国の言語を習得しなければならないので彼は、英語よりもその国の言語(第3言語)のほうが得意とか・・・

私は、彼に「その第3言語をいかにしてマスターしたか」を尋ねてみました。「聞いて、読んで脳の中で言葉をビジュアル化し繰り返すこと」だと。私も第2言語である英語を仕事で使えるレベルにするには、「まずは新聞が読めてニュースが聞けるようになること」だというモットーのもと指導しているのでこの共通の話題で盛り上がりました。

 また、Ableの生徒さん達は、政治の話から食べ物の話まで話題豊富なケイさんと毎日を楽しんだ1週間でした。来週からまた激務が待っているとか・・・外交が大変な局面に直面している昨今、日本の将来を担ってがんばって下さいね。