述語とは?という方も結構いるかもしれませんが、動詞の事ですね。述語動詞とはなにかというと、文の中で一番大切な動詞の事です。その文の中心の動作という感じです。
space
たとえば、
I think that he plays piano.
space
という文、動詞がthinkとplaysと2つありますが、優先順位としてどちらが偉いかというと、thinkという事になりますね。なぜかというと、文の中の主語と述語はどれかという事を考えると主語がIで述語がthinkになるからですicon_idea.gif
space
英語の基本中の基本の考え方、主語は1つ、述語は1つ。これは絶対です。ここではplaysの主語はheになり、he playsはその前にあるthatとという接続詞の中に含まれるちっちゃい主語と述語という考えですね。
space
space
さてさて、では述語はどのように見つけるか?まずは文の中の動詞を見つければよいという事ですね。前回の名詞をつくる接尾語があるように、動詞を作る接尾語ももちろん存在します。接尾語で動詞を見つける方法がまず1つ。
2つ目が、動詞に必ずつけなければいけない時制でみわける。時制とは今や過去や未来といった時を表す表現の事です。この時制を作る際によく使われるのが助動詞。例えば未来だったらwill、現在進行形だったらbe動詞、現在完了系だったらhave等等、これらの助動詞を見つければ、これはまず間違いなく述語動詞の一部となりますね。
space
最後にその他の助動詞ですね。mayやmustやcanなどです。
space
ここまでで、動詞を見つけられたら最後にどの動詞が文の一番大切な述語動詞になるかを見極めます。上であげた例文のように、文の中に存在する動詞が必ずしも1つとは限りません。
ap
もう1つ例文でいてみましょう。
space
The man that I saw was playing a guitar.
sp
この中にsawとwas playingという動詞が2つありますね。ここで1つポイントです。動詞があれば必ず主語がつきます。動詞を見つけたら何をするのが手っ取り早いかというと、パートナーになっている主語をみつけてしまうのがいちばんicon_cool.gif
sp
頭の中で次のような発想をしてみてください!
sp
———————
文の先頭に来る名詞は必ず主語になる
The manが文の主語!
The manの動作はsaw? was playing?
sawしたのはだれか?→I→I sawとなるので、The manの動作はのこりのwas playing.
この文はThe man was playing a guitar.
I sawの役割は?私がみた男というThe manを修飾するはたらきですね。
————————-
sp
この主語と述語のパートナーの関係はとても大事ですicon_biggrin.gif
se
se
〜最後に動詞にくっつく接尾語を紹介〜
-ate
eg. educate, evacuate, indicate
-ize
eg. socialize, apologize, legalize
-ify
eg. identify, clarify, terrify
-en
eg, whiten, blacken

〜英語のつぶやき〜
述語の見つけ方
述語とは?という方も結構いるかもしれませんが、動詞の事ですね。述語動詞とはなにかというと、文の中で一番大切な動詞の事です。その文の中心の動作という感じです。
たとえば、
I think that he plays piano.
という文、動詞がthinkとplaysと2つありますが、優先樹陰意図してどちらが偉いかというと、thinkという事になりますね。なぜかというと、文の中の主語と述語はどれかという事を考えると主語がIで述語がthinkになるからです。
英語の基本中の基本の考え方、主語は1つ、述語は1つ。これは絶対です。ここではplaysの主語はheになり、he playsはその前にあるthatとという接続詞の中に含まれるちっちゃい主語と述語という考えですね。
さてさて、では述語はどのように見つけるか?まずは文の中の動詞を見つければよいという事ですね。前回の名詞をつくる接尾語があるように、動詞を作る接尾語ももちろん存在します。接尾語で動詞を見つける方法がまず1つ。
ただ、動詞には必ず時制という物が発生しますね。時制とは今や過去や未来といった時を表す表現の事です。この時制を作る際によく使われるのが助動詞。例えば未来だったらwill、現在進行形だったらbe動詞、現在完了系だったらhave等等、これらの助動詞を見つければ、これはまず間違いなく述語動詞の一部となりますね。
つぎに、動詞を見つけられたら最後にどの動詞が文の一番大切な述語動詞になるかを見極めます。上であげた例文のように、文の中に存在する動詞が必ずしも1つとは限りません。
The man that I saw was playing a guitar.
この中にsawとwas playingという動詞が2つありますね。ただ、焦る必要はありません。動詞があれば必ず主語がつきます。動詞を見つけたら何をするのが手っ取り早いかというと、パートナーになっている主語をみつけてしまうのがいちばん!
文の先頭に来る名詞は必ず主語になる
The manの動作はsaw? was playing?
sawしたのはだれか?→I→I sawとなるので、The manの動作はのこりのwas playing.↓この文はThe man was playing a guitar.
I sawの役割は?私がみた男というThe manを修飾するはたらきですね。
この主語と述語のパートナーの関係はとても大事です!
〜最後に動詞にくっつく接尾語を紹介〜
-ateeg. educate, evacuate, indicate
-izeeg. socialize, apologize, legalize
-ifyeg. identify, clarify, terrify
-eneg, whiten, blacken