UAE/ドバイの販売店でお客様と

ロジックのある会話力、英文法の基本が
コミュニケーションに必要となり、
Ableで得た力を活かしています

職種・仕事内容を教えていただけますか?

僕は帰国後日本の通信機器メーカーで海外営業の仕事をしています。
入社してからはヨーロッパと中東を担当し、今年からは中東とアフリカを担当することになり、月に一度二週間くらい既存の販売店とのミーティングや新規販路開拓のための出張を行っております。
先週末までケニア/ナイロビ、ナイジェリア/ラゴスに出張してきました。

アフリカ、特にナイジェリアはまだまだ途上国で石油の利潤が国民に還元されず、民度はかなり低い国でした。国際社会で活躍できるようになるまでに数十年はかかるのではないかと思うほどです。
ケニアはナイジェリアに比べてだいぶしっかりした国で、国策としても資源が少ない分、IT分野に力を入れる傾向があり若い世代の教育や技術開発に力を入れており、まさに資源が取れる国の汚職の激しい国と、国民の能力を向上させて国を豊かにしていこうとする対象的な国を見る事ができたと思います。

今期の残りはタンザニア、ガーナなどの東西アフリカに出張をしていきますが、来年からはオーストラリア/メルボルンの子会社へ出向する予定です。
一度出向に行くと5年程度は帰ってこれないのですが、長く滞在する中でいろいろなことを経験し人生に活かしていきたいと思います。

Ableに通って良かった事は何でしょうか?

まずはTOEICの高得点が取れたことです。これがあって就職活動にも活かせましたし、自身の一年間の語学留学の結果を一つの形として表すことができました。

カナダにおいて英会話を鍛える事ができても正しい文法を学べる機会はあまりありませんが、Ableで基礎となる文法を固められた事がTOEIC高得点、スピーキング力を含む英語力全体の向上につながりました。

Ableで勉強した事が今の仕事にどのように役立っていますか?

中東、ヨーロッパ、アフリカでは英語を第二言語とする方、また英語もイギリス英語、南アフリカ英語など様々な表現、アクセントのある方たちとの会話が求められます。
その中でロジックのある会話力、英文法の基本がコミュニケーションに必要となり、Ableで得た力を活かしています。

今後海外で働こうと考えている学生の方たちは、今Ableで学んでいる事に自信を持って、一生懸命夢に向かって頑張って欲しいと思います。