職場の同僚

帰国後にAbleの凄さを実感しました
授業で習った多くの単語がとても役に立っています


職種・仕事内容を教えていただけますか?

私は外資系陶磁器メーカーでプロダクト マネジャーとして勤務しています。
担当業務は、日本市場向けの商品開発です。
業務のやり取りはイギリス本社、アメリカ支社のネイティブが多く、職場では英語・日本語を使います。


Ableに通って良かった事は何でしょうか?

Ableで丁寧に英語の基礎から単語、文法を習い、自信へと繋がっていきました。長文を読むことが苦手だった私は今では英字新聞を読みこなす程成長できました。
また、私が頑張れたのは仲間の存在でした。一緒の目標に向け毎日勉強を頑張った日々は大切な思い出です。帰国後も、食事や旅行に行ったりしています。
Ableに通い、英語だけではなく素敵な仲間たちに会うことができました。

Ableで勉強した事が今の仕事にどのように役立っていますか?

Ableの凄さを実感したのは帰国後仕事で使う様になってからです。
業務ではメールの半分以上がネイティブからの為、毎日いろいろな単語を使い分けています。文章で相手に細かい所まで伝えるのは難しいですが、授業で習った多くの単語がとても役に立っています。
授業では教科書にのっている単語や文章だけでなく、生きたビジネス英語を教えてもらいました。今では会議で直接ネイティブと話しても「伝わる英語」を話す程成長できました。Ableに通った3か月はとても有意義な時間でした。
これからもAbleで習った英語を活かし、素敵な商品を開発して行きたいと思います。