今回は、第2校めとしてAbleを選んでくださり、めでたくTOEIC800の壁を越えた大学生のHarunaちゃんを紹介いたします。卒業後は、かねてから抱いていた「自然の中でカナダ人の家庭で過ごしたい」という思いからビクトリアでファームステイを楽しんでいます。

Ableに来て最初は、文型分けも長文も何も分からず、やる気もあまりありませんでした。
何もかもが中途半端だった私は、とにかく宿題だけしっかりやろうと決めました。
最初は全然できなかった文型分けも、少しずつわかるになりました。先生がチェックされる宿題の正解の印が少しずつでも増えていくことが、私が次も頑張ろうと思えた理由のひとつだと思います。

私はやる気が長続きする方ではなかったので、カウンセリングで「やる気がでない」と言う事も多かったです。ですが、そんな私に先生方はいつも声をかけて下さりそれが「頑張り」につながりました。

授業中、分からないことがあると先生方はいつも丁寧に説明をしてくれ、優しく接してくれました。

TOEICは点数という形で結果が出るので、それが嫌になったこともありました。でも、目標点数を取れたことで、自信に繋がりました。3か月間Ableに通って良かったと本当に思っています。