通学期間8週間

元々、英語を話したり、読んだりするのが好きで、今回カナダのワーキングホリデー制度を利用して、カナダへと来ました。
最初の3ヵ月はスピーキング中心のESLで勉強しましたが、自分が思っていたほど英語は伸びませんでした。
帰国が近づくにつれて、このままではいけないと思い、友人の勧めもあり、Ableへと入学し、またそれと並行して、Coversation Club へも通いはじめました。
ESLを卒業し、半年以上経っていた私はConversation Clubでもうまく話せず、Ableに通っていたこともありConversation Clubを少しお休みをし、その間Ableで文法の基礎をしっかりと教えてもらいました。
文法の基礎のない私にとって最初は授業のテンポにも慣れず、ただ聞いているだけでも必死で、そんな時先生は「いいのよー、人間なんでもすぐに忘れるから。」とニコニコ笑顔でそして根気強く、何度も教えてくれました。
そんな私でもだんだんパズルをはめていくように文法を考えるようになり」、また授業で習う単語を覚え始めると、今まであいまいな部分が多く、なんとなくしか意味がつかめていなかった英字新聞の記事がだんだん読みやすく、楽しく読めるようになりました。1ヵ月半ほど経った頃Conversation Clubへのレッスンを再開し、話しをしているうちに、今まで口慣らしで言っていた英会話が少し文法を考えて話すようになり、学校で教えてもらった単語の使い方がわかってくると、話すのがどんどん楽しくなってくるのがわかりました。最近はネイティブの先生に「初めに通っていた頃より、かなり話すようになったね。」と言われた時は、初めて「使える英語」を話せるようになったんだと思いました。
ただ外国に住めば、英語を話せるようになるのではなく、やはりきちんとした学習方法で英文法の基礎を身につけることが「使える英語」や英語上達への道だと思います。「使える英語」を身につけるためには「美枝子式学習法」は一番の最短方法で文法を学べます。
英語を真剣に勉強できる時間は限りがあると思いますので、限られた時間を無駄にしないためにも、もっとたくさんの人にAbleで文法を学んで欲しいと思います。