TOEIC高得点を目指しながら、社会で活躍できる本当の英語力を身につける
  • Able English Studies創業者であり元校長の 西浦美枝子 は、カナダから日本へ活動の場を移しました
  • 大阪セミナーの感想

> 講師紹介

講師紹介
写真

西浦美枝子 にしうら みえこ

早稲田大学(教育学部英語英文学科)卒業
Simon Fraser University :Canada)卒業
専門:言語学(第2言語習得)


TOEIC点数

990点(満点)

著書

「英文法、これで英語がわかる」(明日香出版)
「TOEIC test 日本人が必ず間違えるひっかけ問題100選」 (Jリサーチ出版)

オンラインコース

「TOEIC短期集中200点アップ」Udemy(ベネッセコーポレーション)

略歴

大手大学受験予備校で教鞭をとった後、教育力の向上、授業の改善をめざし、最新の英語教授法を学ぶためカナダの大学Simon Fraser University に留学。

卒業後、学問として学んだ理論を実践できる場として、2005年にカナダバンクーバーにAble English Studies(TOEIC専門校)を立ち上げ、2016年末まで代表を務める。

12年間で2,000名を超える生徒を指導。
そのうち100名以上がTOEIC900点越えを達成。
700名以上が800点越えを達成。

生徒は、大学生から公認会計士、教授、外交官、ビジネスオーナー、ワーキングホリデーで来加した社会人、そして帰国子女など幅広い。大学生には、受験英語で習った文法をベースとし、もっと会話に使える楽しい英文法にアレンンジして、スピーキングスキルの基礎作りの指導を行う。

その結果、English speakerとも自信をもってコミュニケーションが出来るようになり、留学の成功の一翼を担った。

社会人は、転職・昇進に必要なTOEICのスコアアップの指導のみならず、仕事で一番求められているwriting skill(英語を書く技能)にフォーカスした指導を行う。

カナダの州立大学(the university of British Columbia)に、共同研究で来られた大学教授の方々には、reading skill(英語を読む技能)の向上を目的とした授業を行い、自己流で読んでいた文献もより早く正確に読み進めることができるようになり、reading skillの向上とともに学術的なwriting skillも向上したと好評を博した。

美枝子先生からのメッセージ

英語の上達は、車の運転のようなもの。交通法規を習ってから車に何度も乗っているうちにうまくなります。
英文法は、交通規則と同じ。正しい英文法を習得し、それを英語を読むこと、しゃべること、聞くこと、書くことの中で正しく使うことが英語上達の秘訣です。

私は、授業の中で常にこの考えをちりばめるよう努力しています。初心者マークをつけておどおど運転していたのにある日気がついたら、運転が上手くなっているように、必ず、知らぬ間に”英語が、しゃべれるようになった。聞けるようになった。読めるようになった。”という日がきます。

”英語がつかえるのってこんなに楽しかったんだ。”と”目からうろこ”の日が来ます。
ぜひ、その感覚を一緒に体験しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加